虫は殺す、でも自分は無傷?な訳ないね。。。

虫は殺したい!でも自分は死にたくない!

 

虫を殺しておいて虫の良い話ですが
人間は自然を自分に都合の良いように征服したがります。

 

夏になると虫が出てきます。

そこで問題になるのが虫除け。

 

虫だけ殺して自分には害がないと勝手に思ってしまいますが、
虫を殺すものが自分にだけは害がないって、あり得ませんね。

 

大方の虫除けは「農薬」とか「殺虫成分」を使っています。

 

それを部屋中に充満させたり、
肌に直接つけたり、
網戸や玄関に常備して
毎日その成分を吸い込み続けているんですよね。

 

子供たちが小さい頃、私も「こりゃ便利!」と思って、
電子蚊取り器なるものを購入したことがあります。

液体が入ったカートリッジを電源につなぐと、
火を使うことなく殺虫成分が出てきて、
火災の心配をせずに蚊を退治できてしまうという優れもの!(と、その時は思った)

早速使い始めたら、子供たちが喉が痛いと言いだしました。

喉だけじゃない、咳まで出る、寝ていて苦しいと言う。

 

で、慌てて、真っ当な考えに立ち戻って、
便利!と絶賛した蚊取り器には、即刻退場していただいた。

蚊に害があるものが人に害がないわけないですね。

 

目に見えないだけで、成分は私たちの体に侵入しています。

 

 

天然成分で虫除けがしたい!

 

犬や猫のことも心配でしたが、私はよく庭に出てガーデニングしたり、草取りしたりしていました。

だから、そんな時に蚊に刺されたくない。

でも、殺虫成分を肌に付けるのは嫌だ〜!!

いつもそう思っていました。

 

そこで作ったのが「自然主義 アロマスプレー」

 

虫除け効果のある精油とお水をアルコールで界面活性させて混ぜると、
虫除け成分のスプレーが作れます。

でも、水はすぐに腐ってしまいます。それが問題です。

腐った水を体に付けるのは、殺虫成分を体に付けるのと同じくらい危険です。

 

ということで、「自然主義 アロマスプレー」は
基材となる希釈する水に、アクアリブを使って腐敗を防ぎました。

 

 

効果も香りもベストのオリジナルブレンド!

 

それぞれの精油の分量を変えて、何度も試作してみました。

 

精油には「匂いの強さ」「匂いの継続時間」「匂いのタイプ」など それぞれ特性があります。

そんな特徴を生かして、なるべく長い時間虫が寄って来ないよう、匂いが継続するように、

ブレンドした匂いが人間の嗅覚に心地よいように、

ブレンドした精油のタイプがお互い邪魔をしないで香る配合を見つけ出しています。

 

使っている精油はこちら

essential-oil

 

基材にアクアリブを使っていることで、虫除けだけでなく

消臭・除菌・芳香フプレーとしてもお使いいただくことができます。

夏の間の虫除けだけでなく、年間を通じてエアーフレッシュナーとして、お部屋を爽やかにするためのスプレーとしてご活用下さい!

 

aroma-sp-banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です