ウェルネス犬用缶詰 牛甲状腺ホルモンによる汚染でリコール

ウェルネス(Wellness) 犬用缶詰 牛甲状腺ホルモン汚染によりリコール

ブルーバッファローだけでなく、ウェルネスの缶詰も
同様の原因でリコールとなっていました。

日本で販売されているのはドライフードが主流で
缶詰は販売されていないかもしれませんが、
別の形状のウエットフードは販売されているようですので、
お使いの方は念のため、愛犬の健康状態を観察されてください。

リコール対象商品: ウェルネス 95%ビーフ 犬用缶詰 (13.2オンス)

wellness-can

賞味期限: 2019年2月2日 2019年8月29日 2019年8月30日 (缶底に記載) 

wellness-can-bottom

ウェルネスWeb サイト


お客様各位

少量の製品に高レベルの牛甲状腺ホルモンが検出されました。
高レベルの牛甲状腺ホルモンは、犬の代謝機能に影響を及ぼし、
過度の喉の渇き、頻尿、落ち着きがなくなる、あるいは体重減少などが起こります。
犬がこの影響を受けることは稀であるとはいえ、より厳重な予防策として
以下の3つの賞味期限の撰品に限り、リコールを行なっております。

ウェルネス 95%ビーフ 犬用缶詰 (13.2オンス)
2019年2月2日 2019年8月29日 2019年8月30日 (缶底に記載) 

当社のカスタマーサービスでは、該当商品を与えたことで生じた健康被害の報告は今の所受けておりません。その他のウェルネス製品は問題ありません。

ウエットフードは、トッピングなどとして限定的に使用されるもので、犬が上にあげた症状に陥る可能性は低いと思われます。
数多くの研究が示唆する通り、大多数のペットにとって、
牛甲状腺ホルモンに影響された製品の給餌をストップすることで
発現した症状はすぐに改善していきます。

もし、3種類の賞味期限が印刷された製品をお持ちでしたら、
メールか電話でご連絡ください。

当社にとっては、ペットの安全と健康が一番の重要事項です。
あなたのペットの健康と幸せを保つために、お客様との信頼関係を持続させるべく、
フードの品質と安全性確保のための我々の確固たる決意として、この製品のリコールを推し進めております。

Sincerely,
Camelle Kent
Chief Executive Officer


以上は、ウェルネスからの発表です。

該当商品で犬たちが病気に陥ることは稀だとのことですが、病気になる可能性はありませんという意味ではないと思います。

くれぐれも陥らないで欲しいと思います。

また、たとえ陥っても、給餌を中止すればすぐに問題なくなるそうですが、その後の後遺症などの問題が残らないことを祈りたいです。

ここにはアメリカ国内での連絡先ではなく、日本のウェルネスのお客様相談室の電話番号を記載しておきます。アメリカの本社サイトでは、電話で連絡したらすぐに該当商品は廃棄するように書かれていますが、返品等の対応に関しては触れられていませんでした。

ウェルネス リコールに関して ご心配の方はこちらでご相談なさると良いと思います
日本のウェルネスお客様相談室:フリーダイヤル 0120-211-291

受付時間:午前10時~午後4時 月曜~金曜(祝祭日・年末年始日を除く)

 

 

 

 

その選択が死を招く?!
『間違いだらけのフード選び』

無料小冊子 こちらからダウンロードできます↓
food-choice-requestform

ウェルネス犬用缶詰 牛甲状腺ホルモンによる汚染でリコール」への1件のフィードバック

  1. Real Madrid Tröja

    Everything is very open with a really clear explanation of the issues.
    It was definitely informative. Your site is very useful.
    Thanks for sharing!
    Real Madrid Tröja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です