Redbarn “Dog Chews”サルモネラ菌汚染でリコール

 

 

Redbarn Pet ProductsがDog Chewsのサルモネラ菌汚染によるリコールを発表しました。

 

 

詳細はFDAのページで確認できます。

 

Redbarn Pet Products Issues Voluntary Recall of Dog Chews

 

カリフォルニア州ロングビーチに拠点を置くRedbarn Pet Productsが、7-インチ Bully Stickの3パック入りの製品のリコールを発表しました。

今のところ発症の報告やクレームは寄せられていません。

 

 

当該のリコール対象商品は、ペット専門小売店で販売されました。

対象商品は、UPCコードが7 85184 25105 8. 賞味期限が2020年11月21日の製品です。

 

Redburn社の社長、Jeff Sutherland氏によると、

『2018年2月5日に、コロラド州農務局(Colorado Department of Agriculture ) よりコロラド州の小売店から採取された製品からサルモネラ菌汚染の報告を受けました。2020年11月21日賞味期限の当該製品は、当社の研究室と第三者検査機関において検査した上で出荷がされています。それらの検査では、サルモネラ菌もその他の病原菌も発見されませんでした。当社の顧客の安全を守るための最善の方法として今回のリコール実施に踏み切りました。』

とのことです。

 

 

 

Redbarn “Dog Chews”サルモネラ菌汚染でリコール」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Smuckerがペントバルビタール残留で製品回収を開始 リコールが連続のペットフード | 犬めし 猫まんま 人ごはん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です