犬の病気 ケンネルコフ

mal-lying-on-a-mat

  ケンネルコフの症状  

ケンネルコフは、犬パラインフルエンザウイルス、犬アデノウイルス2型などのウイルスや 気管支敗血症菌などの細菌が原因で起こります。
これらの病原体が、単体もしくは複合的に感染することで症状を引き起こします。

咳や発熱、鼻汁などの症状が急に現れたらケンネルコフの可能性があります。
犬の咳は、ゲッ、ゲェ〜〜と何かを吐くような感じに見えます。
体力のない子犬、免疫力が落ちていた時に感染した場合など、重篤化すると肺炎を併発して死に至る場合もあるので注意が必要です。

  ケンネルコフの原因  

ケンネルコフに罹った犬に接触することで起こる接触感染、感染した犬のくしゃみなどから感染する飛沫感染が感染経路となります。
感染症が流行している時期は、ドッグランやドッグカフェなど、不特定多数の犬と接触するのには注意が必要です。
ケンネルコフは感染力が強く、ブリーダーやペットショップなどの多数の犬が集まる場所では、1頭が感染すると次々と伝染してしまいます。

  ケンネルコフの治療  

細菌感染の場合は抗生物質を投与します。
ウイルス感染の場合は、二次感染を防ぐ目的で抗生物質が処方されます。

お薬を使わずに、アクアリブを喉に直接スプレーすることも有効です。

ケンネルコフを抗生物質を使わずに治す

 

空間除菌で感染拡大を防ぐなら→  hm-201_blueback-2-thumb-160xauto-426

 

*

犬の病気 ケンネルコフ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ケンネルコフを抗生物質を使わずに治す | 犬めし 猫まんま 人ごはん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です