ケンネルコフを抗生物質を使わずに治す

薬なしでケンネルコフが治る?

 

犬の風邪(犬感染性気管支炎)の総称がケンネルコフ

ケンネルコフの主な病原体は、
犬パラインフルエンザウイルス犬アデノウイルス2型などのウイルスや
気管支敗血症菌などの細菌です。→犬の病気・ケンネルコフを見る

それらの病原体が単体もしくは複合的に感染し、
咳や鼻汁などの風邪様の症状を引き起こします。
体力のない子犬や免疫力が落ちている時に感染した場合などでは。
長期化、重症化して肺炎を起こし、死に至る場合もあります。

人間の風邪と同様に、ウイルスによる感染が多いため、
抗生物質では根本的な対処には至らない場合が殆どです。

pills_1

ウイルスに抗生物質は効かない

 

咳や鼻汁に気づき、樹医さんに連れて行くと、抗生物質を処方されます。
抗生物質は細菌感染に効果がありますが、ウイルス自体をやっつける力はありません。

そこで登場するのが、除菌力はスゴイのに、有機物に触れると真水に戻るアクアリブ。

咳をしている場合は、喉に直接アクアリブをスプレーします。
症状がひどい時は、こまめにスプレーを繰り返して下さい。

500ml

長引かせて悪化させないよう、咳が出始めたらすぐにスプレーして下さい。

ちなみに、犬の咳は、人間の咳のような”コンコン”といった感じではなく、
例えて言うなら、人が痰を吐き出す時に”ゲッゲェ〜”という音を出した時のような感じです。

さて、アクアリブの喉へのスプレーで、注意していただきたいのは、スプレーした後。

ノズル部分が感染した犬の口に触れてしまったら、ウイルスが付着してしまう可能性があるので、アクアリブで拭いておきます。

処置をした人の手もアクアリブで消毒しておくことをお忘れなく。

ケンネルコフの感染経路は、飛沫感染や接触感染です。
特に多頭飼いのご家庭や、ブリーダー、ペットショプなど、多くの犬が一緒に生活をしている場所では、1頭が感染すると次々と伝染してしまいます。

他の子から隔離する、アクアリブで空間除菌するなどの対処が必要です。

hm-201_blueback-2-thumb-160xauto-426

 

隔離する場所がない時は、エアコンや暖房による風の動きに注意して、感染した子を風下に置いてアクアリブを空間噴霧してください。

免疫力が正常に働いている体力のある子でしたら、お薬を飲まずにスプレーだけで完治してしまいます。

ただ、新しい家族として迎え入れたばかりの生後間もない子犬が感染すると重篤化することがあるので要注意です。

four-rave-puppies

私は、夫がブリーディングをしていた時に、ケンネルコフが悪化した子犬の面倒を任されたことがあります。

ドッグショーに出場した子が、ハンドラーの元から帰って来たら、ケンネルコフに罹っていました。そのケンネルコフが、ちょうど生後2ヶ月くらいになった子犬にに移ってしまったのです。

ショーから戻った子はもちろん別の部屋で隔離していたのに!

そのくらいケンネルコフは、感染力が強いです。

あの頃、アクアリブがあったら良かったのになぁ、とつくずく思います。

その子犬?当時は抗生物質を飲ませて治療しました。他に手立てがなかったから。点滴の代わりに、ブドウ糖を経口投与で飲ませて体力つけて治しました。

ブドウ糖の経口投与は、体力を回復させたい時には結構効果がありますよ。病中病後などにも是非お試し下さい。

犬の病気「ケンネルコフ」

ケンネルコフを抗生物質を使わずに治す」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ペットのニオイ なんとかしたい! | 犬めし 猫まんま 人ごはん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です