グルテンフリーダイエット[2] グルテンって何だ?

グルテンって何?

022

前回、唐突にグルテンフリーを話題にしてしまいましたが、
そもそもグルテンって何やねん?ということになりますよね。

 

実をいうと、私もグルテンとは何かとか
グルテンがどんなものに含まれているか
恥ずかしながら厳密に知っている訳ではありませんでした。

 

概略を述べますと、グルテンというのは
小麦、オオムギ、ライ麦、ライ小麦などから作られる食品に含まれるタンパク質のこと
ということになります。

 

ですから、私のユル〜いグルテンフリーダイエットは
まずは、小麦粉で作られている物を避けていくことから始まりました。

小麦粉を使っている食品なら分かりやすいですよね。

ということで
ラーメン、パスタ、パン、ケーキ、お好み焼きなど
小麦粉メインの食材がNG食品となった訳です。

027

基本的には、炭水化物はお米を食べれば良いのです。

前回も書いたように、家で作る時は小麦粉を「米粉」で代用すれば
ストレスなくグルテンフリーが実現します。

天ぷらやケーキなどは、
グルテンを含まない米粉を使った方が楽だったりします。
天ぷらはカラッと揚がるし、ケーキはマゼマゼしてもダマになりません。
ホワイトソースなどは、牛乳と米粉をゆっくり温めるだけでとても簡単に出来上がります。

 

しかし、セリアック病や、グルテンアレルギーなどで、完全にグルテン除去が必要な場合は、細心の注意が必要になってくると思います。

と言うのも、サプリメントや医薬品にグルテンが使われていたり
醤油やビールに小麦が使われていたり
グルテンを含む食品と同じラインで製造されたものにも
グルテンが微量に残留したりということもあるからです。

 

日本の食文化が変わってしまった?

washoku-sake-miso-soup

グルテンフリーを始めて、ふと考えるのは
日本の食文化の変化です。

私も「朝食にトースト」のスタイルをずっとやってました。
若かりし頃は、朝からご飯とみそ汁より、トーストとベーコンの方がスタイリッシュな感じがして。

グルテンフリーダイエットを自分の体で実験してみようと思い立ってから、
単にグルテンのことだけでなく、私たちが日頃食べている食品のことに目が向いてきました。

私たちが普通に「小麦粉」を日々大量消費していることにも気づきました。

米を主食としてきた日本に、なぜ小麦が入ってきたのでしょうか?
小麦粉の日本侵略はいつから始まったのでしょうか?

その辺を次回の記事で考えてみたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です