グルテンフリーダイエット[3] 小麦粉の日本侵略

4e53bd0132dee2efdfe1018a2a6a1904_s

日本に小麦粉が来たわけ

「グルテン」というのは、小麦やオオムギやライ麦に含まれるタンパク質のことだということが分かりました。

もともとはお米が主食の日本。
小麦粉は、一体いつからお米の国ジャパンの侵略を始めたのでしょうか?

 

第二次世界大戦後、欧米の文化が一気に日本へやってきて、
追いつけ追い越せの風潮で、日本は大躍進を遂げてきました。

アメリカの余剰小麦を「支援」として購入させていただき
「パン食」を前提とした学校給食が、1960年代から全国的に拡充されていきました。

今でこそ、給食にご飯が出されることもありますが、
1960年代〜80年代の給食は(地域差や自治体ごとの違いはあるでしょうが)、
私の記憶ではパンが基本で、
たまに(これも小麦粉で作られた)ソフト麺と呼ばれるうどんが配られました。

月に一回、油で揚げたコッペパンにグラニュー糖がまぶしてある、揚げパンというのが出て、それがものすごいご馳走だと喜んでいたなぁ。

 

食生活の欧米化が進む

米と野菜より、畜産物(肉や乳製品)とパンを食べるようにと、政府が奨励したことも手伝い、
日本人の生活は、「ちゃぶ台でご飯と味噌汁」の生活から
「ダイニングテーブルで朝食にトースト」の生活に大きく変容していった訳です。

8e92544b7bbf058bd6bfd449b9c8636f_s

 

生活のバックグラウンドも変化していきます。

1960年代は”食のインスタント元年”とも呼ばれるそうです。
インスタントラーメンや、インスタントコーヒー、
即席のカレールーなどが続々と登場してきます。

0ac67a85dddc28adf4b493271f3ece45_s

子供の頃からパン食に馴染んだ世代が人口の大半を占めるようになった昨今、
とうとう2011年の家計調査では、パンの代金が米の購入金額を上回ったそうです。

家族のそれぞれが、独自の時間帯で動きますから
バラバラにご飯を食べることが増え、手間のかかる和食は敬遠されていったのでしょう。

 

毎日何を食べていますか?

私は、朝はトーストにコーヒーという生活を長く続けていました。

朝食にご飯を食べることはほとんどなくなったある日、
「朝食にパンを食べる女性のガンの罹患率が、朝食にご飯を食べる人の何倍も多い」
という記事を目にしてショックを受けた覚えがあります。

どんな内容の記事だったのか、今となってはよく覚えていないのですが、
母がガンで亡くなった後のことで、かなり凹んだ覚えがあります。

それでも、朝のパン食を止めるには至りませんでした。

 

サンドウイッチやハンバーガーはとても手軽に口に放り込めて、忙しい時には重宝します。
うどんやラーメンも、どんぶり一杯で満腹感が得られ、
素早く食事を済ませたい現代人にはぴったりです。

d8334c129a56c5be8097861d74b53320_s

 

グルテンフリーを始めてから、小麦粉で作られた物を意識して避けるようになって
改めて小麦粉で作られた物の多さに驚きました。

私たちは毎日のように大量の小麦粉を食べて生きているのだと。

 

次回は、グルテンフリーを始めて変化したことを書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です