飼い主を神と思う犬 自分を神と思う猫

difference-between-dogs-and-cats

犬と猫 ご飯をもらう時の反応の違い

犬と猫、どちらも可愛いですが、両方を比べてみると、いろんな面で違いがあって面白いなと思います。

例えば、ご飯をあげた時、犬はウルウルした瞳で見つめてきますよね。

猫は?「早くしてくれる?」「はいご苦労さん」「苦しゅうない」って感じ?

difference-between-dogs-and-cats

犬はご飯をもらえたことで飼い主に感謝して、飼い主こそ神だと思うようです。

一方の猫はというと、飼い主が自分にせっせとご飯を運んでくるのは、自分は神だからね、って思っているみたいです。

“飼い主さんからご飯をもらった”という同じ前提から生じるオチの違い。面白いですね。

 

犬と猫 叱られた時の反応の違い

 

difference-between-dogs-and-cats-3

犬は叱られるとしょぼんとします。

ゴメンなさいと謝っているかのように振る舞ってみたり、時々自分のせいではないと言いたげにごまかそうとしてみたりもします。

猫を叱ることはあまりないかもしれませんが、たとえ叱られたとしても、猫は気にしません。

そもそも叱られたと思っていないのかも。

ドヤ顔で、だから何?と言い返されてしまいます。

 

 

犬と猫 一般的な性格や特徴の違い

difference-between-dogs-and-cats-4

犬は飼い主の命令に忠実に従うことに喜びを感じます。

共に暮らす家族の一員として飼い主さんと良好な関係性を築くことに喜びを見出すのでしょうね。

自分が飼い主よりも立場が上だと誤認して、逆に飼い主を服従させるかのように傍若無人な行動をとる場合があります。

人間社会で人と共に快適に安全に生活するためのルールを教えることは不可欠ですね。
この辺りは、飼い主さんのリーダーシップが求められる場面かと思います。

また、犬に散歩は必須。特に大型犬はかなりの運動量が必要です。

 

猫は、自分の気が向いた時には飼い主に遊びをがみ、遊んでくれないと言って、キーボードや新聞の上に乗ってくることもあります。

一日の80%は寝ていると言われます。まさに寝子ですね。

狭いところに入り込んだり、ダンボール箱に入るのが好きです。

猫の飼い主さんは、猫のためにオンラインショッピングで注文した品物が届いた時、喜ぶと思って買った商品そのものより、それが入っていたダンボール箱に愛着を示されて、がっかりした経験が一度はあるのではないでしょうか。

 

 

犬と猫 飼い主のことをどう捉えてる?

difference-between-dogs-and-cats-2

飼い主の命令に従って行動したい犬にとって、飼い主さんはやっぱり「リーダー」

気ままな猫にとっては、自分の面倒をみる「召使い」?

猫の飼い主さんは、実はシモベとなって猫様に尽くしたいと思っているかもしれませんね。

私はどちらか選べと言われたら「猫」なので、やはり猫(いや、神?)の下僕として仕えています。
犬には”私の言うことを聞きなさい!”と言っていますが。。。。

 

あなたは犬派? 猫派?

テキサス大学の心理学者が行った実験で、犬好きと猫好きの人間の性格にも違いがあることが明らかになってきたようです。

犬派の人は

人付き合いが良い  誠実で社交的  アクティブ  良 心的  支配性が強い  上下関係を重視する傾向

猫派の人は

神経質   開放的  芸術性が⾼い  マイペース  内気でクール  冒険⼼や好奇心が旺盛  アイディアに溢れる

という特徴が見られるんですって。

 

でも結局、⽝も猫も可愛い!

犬派も猫派も素敵! ということになりそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です