避難所で、臭い!うるさい!と言われないために 飼い主の心構え

災害避難 大切なのは「日頃のしつけ」と「情報収集」

ペットを連れて避難した時、周りからあがる声は、
「臭い!」「うるさい!」「怖い!」といった苦情です。

 

最近はペットを家族同然と考える人が増えてきましたから、
災害時のペット同行避難に関する理解も深まってきていると思います。

しかし、避難所には、犬や猫が好きな人ばかりがいるわけではありません。

人間の救助が優先されるし、必ずペットフードが救援物資として届くとも限りません。

ペットが頼れるのは飼い主さんだけです。

 

災害が起きたとき、ペットを連れて避難するのは かなり大変なことだと覚悟しておかねばなりません。

自分の身の安全を確保しながら
さらにペットを無事避難させるのですから至難の技です。

多頭飼いの場合はもっと大変です。

 

”やっておいて良かった〜”と思うのがペットの「しつけ」

training-dog-hand

ケージに入って大人しくできる。
社会性を身につけて無駄吠えをしない。
トイレトレーニングができている。
座れやステイなどの、飼い主の簡単な指示に従うことができる。

こういった基本的なことができるかできないかの差は大きいです。

あ、これは、災害時に備えて〜、というよりは
ペットがいる暮らしを楽しむために
皆さん既にやられていることかもしれませんね。

日頃のしつけが、非常時には大〜きくものを言います。

 

非常事態になった時に重要な「情報収集」

hinan-listen-to-a-radio

ペットと一緒に避難所に入りにくいからと、
車中泊を続けていると 熱中症になったり、エコノミークラス症候群を引き起こしてしまいます。

熊本地震の時は、NPO法人ピースウイングジャパン
ペットと一緒に避難できるテントの設営をしていましたし、
動物病院が施設の一部を解放してくれたりもしていましたね。

どこに避難すれば良いか、
どこに行けばペット用品が手に入るか

ペットと自分の身を守るために
「情報収集」を常に心がけて下さい。

一人で孤立しないためにも、ご近所のコミュニティーに参加して、情報が入りやすいようにしておくのも一つの手ですね。

ペットを連れて行く私たち飼い主は、人間だけで避難する人たちより大変なんだと自覚しましょう。

Print

災害時に慌てないための飼い主の心得

  1. ハウスに入って大人しくできるようにする、ハウスの中が快適という意識付けをする
  2. 無駄吠えをしない訓練をする
  3. トイレトレーニングをしておく
  4. おすわり、待て、ステイなどの簡単な指示が分かるようにしておく
  5. 他の動物や人間を怖がらない社会性を身につけておく
  6. ご近所の犬や猫の飼い主さんと仲良くなっておく
  7. 飼い主さん同士で助け合ったり、協力して情報収取をする
  8. 避難経路や家族のメンバーが受け持つ担当 などの行動計画を立てておく
  9. 避難のシュミレーションをして、避難場所を確認しておく
  10. マイクロチップの埋め込みを視野に入れておく
  11. 備蓄品のフードや水を常にチェックして、無駄のない備蓄をする

災害時に備えて準備しておきたい品物リストはこちらで確認してね

避難所で、臭い!うるさい!と言われないために 飼い主の心構え」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 災害発生 ペットが逃げた! さあどうする? | 犬めし 猫まんま 人ごはん

  2. ピンバック: これだけは備えておきたいペットのための災害準備品   | 犬めし 猫まんま 人ごはん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です