5リズム with Masayo

parm-with-flashlight

Moving Meditarion〜5リズムは踊る瞑想〜

瞑想は座って静かにやるものという、変な固定観念を持っていた。

無の境地って静寂じゃん。だから静かに座るものでしょ、って。

 

そう、瞑想って結跏趺坐でやりたいという変な願望もあって、心のどこかに静かに座ってやるべきって決めつけていたの。

f4a283799d1ecbb9a2c0fee1c6cb43ab_s

 

だけど、これを体験してからは考えが180度変わっちゃった。

 

思考のおしゃべりを止めて、感情を素直に、それこそダイレクトに感じて受け取るには、体を動かすことが効果的なんだって知ってしまった。

 

かれこれ半年ほど前に、初めてファイブリズムっていうのを経験した時、私の体の細胞に染み付いていた感情が、次々と剥がれ落ちて行った。

実は、私、

そう、ファイブリズムやる前の私ね、

感情は強めのスパイスを振りかけて、全く別物として人に見せるのが常だったの。要するに、自分の正直な感情に嘘ついて、隠し切るという。

それがね、ファイブリズム踊ったら、もう隠してなんかいられなくなったの。

 

癒されないままの感情があなたを過去に引き戻す

感情が厄介なのは、先に進むのを阻止するファクターとなって、知らぬ間にずっと付きまとうこと。

私たちって、過去の感情を、未だに「今」だと思い込んでしまう、ある種の囚われに陥っているんだと思う。

それはもう遠い過去のことで、手放していいんだよと自分に許可を出して良いのにね。

 

ファイブリズムを踊ると、許可を与えられない自分も認めてあげられちゃうから、事象とそれに付随する感情を切り離して捉えられるのかも。

今まで、湧き上がる感情に、勝手に意味付けして、さらにそこにジャッジをしていたことに気づく。

過去に抱いた感情が作りだす幻想と、自分自身とを同化させる必要なんてないんだよ、って言ってあげられる自分に変化するっていうのかな?

何これ? 感情が勝手に動き出す!

踊る前は、「踊るの?」「ダンスなんてできないよ?」って自信なさげに呟いてた私だったけど、いざ踊り始めたら体が勝手に動くこと動くこと!

もう、思考の制御が外れて、どうしたいのか、どう動きたいのかが全て感情に委ねられる。

感情を察知した体の細胞が応答して、足の赴くまま回転したり膝を折ったり、手は上やら下やら横やら斜めやら、、、もう、思考よりずっと早いスピードで感情が駆け抜けていく。

そして、私の場合、踊っている途中でなぜか涙が溢れてきて止まらなくなった。

そうかと思えば、今度はクスクスと笑っていたり。

 

感情は、幾重にもレイヤーとなって積み重なっているらしい。

だから、振り返ってみれば、踊っていた時、いくつものレイヤーが一度にふわふわ舞い上がって去って行ったのだと思う。
それが、どんな種類の、いつから降り積もっている感情なのかはわからないけど、、、。

 

私にとってこの経験は、今まで頑なに纏い続けてきた重い鎧を少しずつ脱ぐためのきっかけとなった。

感情に嘘をついて、言葉はそれと別の話を語ることほど、息苦しく、生きにくいことはないんだ。

 

 自然に逆らわない動きをするから

なぜファイブリズムを踊るとそうなるのか?

ファイブリズムのセオリーは、Flowing / Staccato / Chaos / Lyrical / Stillness という5つの動きを順にやっていく。自然の営みと同調した動きらしい。

  • フローイング :吸う 流れる 女性性 曲線 内側 回る 始まり

  • スタッカート :吐く ハッキリ 男性性 直線 外へ 角度 出す

  • カオス    :プロセス 上記2つの融合 手放す 委ねる

  • リリカル   :変容 軽くなる 本来のスピリット 

  • スティルネス :静寂 統合 完全 空 終わり 

この5つの要素に合わせて体を動かすから、宇宙と共鳴できるんだね。

 

絶対納得! 体験しちゃうのが一番 

もちろん、セオリーだけじゃなく、踊りをリードしてくれるMasayoちゃんの力が働いていることも確かなの。
なので、もっと詳しく知りたい人は、Masayoちゃんに聞いてみて。そして、機会があったら絶対に体験してみることをお勧めします!

MasayoちゃんのWeb Pageはこちら

幸い、7月には日本で彼女のWork Shopが行われますよ!

Masayoちゃんの言うように、これは自分の感情を抑えて、礼儀正しく振舞うことがよしとされる日本人の感情に揺さぶりをかけるのに、とても有効なアプローチだと思います。

2017年6月末〜7月初旬 日本でのファイブリズム 日程

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です